FC2ブログ

Ball Clock BK

Category

Comment

Trackback

Profile

ぴら

Author:ぴら

辛口多し。。。ごめんね。。

pyramid8390


QR Code
QRコード

Visitor

§ 日本語を読む その2 B『さらば、映画よ』 
[20090508]
日本語を読む

日本語を読む その2~リーディング形式による上演~

『さらば、映画よ』
[作] 寺山修司 [演出] 扇田拓也(ヒンドゥー五千回
[出演]  松重豊吉見一豊山中崇

去年のリーディングで『朝に死す』という傑作を生んだ扇田さん演出。

で、リーディングに向かないんじゃないかと疑問を生んだ寺山作品。


ん~。
寺山作品でもこれはリーディング向きかもしれない。
聞けば寺山作品としてはかなり初期のものらしい。。

ボギー映画好きのゲイのカップルのお話。。
一方がもう一方の腋毛をそりそりしてあげてるとこから始まる。。。

形式としては去年の扇田演出に似てる。
二人の芝居とト書き。
ト書きがやたらと存在を主張してるところも同じ。

違うのは男1と男2が途中で入れ替わること。
これに何の意味があるのかわからずじまいで。。。
あれ?マッチゲ男1じゃなかったのかよ~みたいな。。

ま、その意味がわからんでも普通に楽しめたけど。

だってマッチゲがオネエ言葉で喋ってるんだもん。
それだけで笑えますがな。。


 
あ~やっぱりなんで1と2が入れ替わったのか気になる~

トークの時、なんで司会の人はつっこまなかったのか。。
もともとそういう指定入りの戯曲なのか?
そうは思えんのだけどなぁ。。。

1と2、さらにはト書きもひっくるめて同時に喋るのは面白いけど
何言ってるか聞き取りづれー。。。

それでも面白かったからいいけど。

客席で息子演出作品をご覧になってた扇田昭彦氏に
率直な感想を聞いてみたいもんです。。

そういえば開場直後。
観やすい席には関係者が置いたハンカチがずらり。。。

自由席の意味がまったくない。
AプロCプロではそんなことはなかった。
先に入ったお客さんが荷物置いたりとかはあったけど。

だったら最初から指定席にすりゃいいじゃん。。。

その席には芸能人の姿も。
ま、芸能人だったら仕方ないと思うけどさ。


さて、ポストトーク。
トークの扇田ジュニアは気を遣っていた。。
マイペースな長谷川氏赤澤氏に挟まれて
トークを進めようと隣にふったり自分で喋ったり。

司会の人がもちっと上手くさばいてやらんとね。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2009-05-08(Fri) 00:06 | 観劇 | ストレートプレイ | CM(0) | TB(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://cool8390.blog82.fc2.com/tb.php/735-eb03d7b8


Calender+
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Infomation

おけぴ

おけぴ携帯劇場MAP

観劇総合ポータルサイト・カンフェティ

こりっち

演劇ライフ

e+

チケットぴあ

ローチケ

彩の国シェイクスピアシリーズblog

PARCO劇場blog

Sept blog

イーオシバイドットコム

Theatrix!

e+エンタメブログランキング

自転車キンクリーツカンパニー

ナイロン100℃


Blog Parts


E-mail form

Name:
Mail:
Title:
Comment:


Link Spetial Thanks
フルーツメール

b-cures.

Simple Life

空色地図 -sorairo no chizu-

今日もわんパグ


RSS Feed