fc2ブログ

Ball Clock BK

Category

Comment

Trackback

Profile

ぴら

Author:ぴら

辛口多し。。。ごめんね。。

pyramid8390


QR Code
QRコード

Visitor

あらためて・・・身毒丸 復活 
[20080330]
身毒丸

身毒丸 復活

昨夜も気が高ぶってなかなか眠れなかった。。
それくらい衝撃的な舞台だった。

身毒丸を観るのは実は武田真治くん以来。。
その時にもたしかにいい演出だったけど
今回ほど衝撃は受けなかった。。
なので、藤原竜也くんになってからスルーしていた。。
不覚。。
観ればよかった。。。

藤原くんの原点がここにある。
藤原くんの芝居を観て思うのは・・・
彼の芝居にはどことなく懐かしい香りが漂う。
古臭いというのとは少し違うのよ。

身毒丸を観てわかった。
若手俳優の中で唯一、
蜷川さんの演出と岸田&寺山芝居を体現できるのが
藤原竜也という役者なんだと思う。

身毒丸は岸田理生寺山修司の共同脚本。
なるほど。
二人が紡ぎだす摩訶不思議な世界と美しい日本語。

これに絶頂期の蜷川幸雄演出が加わって
面白くないはずがない。

1時間半強の芝居。
最近の蜷川さんの4時間近い芝居より
ずっと濃密で充実した時間だった。。。


 
藤原くんの動きは
寺山芝居を継承する万有引力俳優の動きに似ている。
動きに迷いがないんだね。
カッコつけるということがない。
感じるままに体が動く。
寺山さんが台詞の言葉と
役者の動きにこだわっていたことから考えれば
藤原くんは寺山芝居にうってつけなのかもね。
容姿もどこか大正・昭和の匂いを感じるしね。
古き良き日本の繊細さと大胆さ。

私の中では藤原竜也=中原中也と
完全にイメージが繋がってしまった。

白石加代子さんも迷いがない。
撫子を演じるに必要な色気と動きの良さがある。
それと不気味さね。

蘭妖子さんは出るだけで
それだけで寺山ワールド色が濃くなるね。
蘭さん観たのは久しぶり。。
相変わらず年齢不詳。。。

仮面売りの石井愃一さんね、最初誰だかわかんなかった。
パンフ、後から読んだんだもん。
沢竜二さんかな~と思ったら石井さんだった。。
石井さんも蜷川作品の常連になってきましたなぁ。

品川徹さんは絶品。
少々こもった声質が不思議な世界にぴったし。
形式にこだわるお父さんが
何もかもが壊れて乳母車?に乗って嘆く姿は哀れ。。
なんとなく映画で池脇千鶴さんが演じたジョゼを思い出した。。

パンフで歌担当の面子にびっくり。。
藤圭子さん。。。あの声質は身毒丸の世界観に合ってるわ。。
最初の歌は山谷さんだぁね。。
コシミハルさんはわかんなかったわ。。。ちょっと悔しい。。

藤原くん初演の時に
加代ちゃんはじめ、お母さん候補者たちが結成したとかいう
藤原竜也を見守る会(こんな名前だったと思う・・・)は
いまだ健在なのだろうか。。。
そういう会が出来たことも納得できた。。
あの身毒丸は見守りたくなるもん。。


身毒丸Wikipediaはなかなか興味深いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2008-03-30(Sun) 22:41 | 観劇 | ストレートプレイ | CM(0) | TB(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://cool8390.blog82.fc2.com/tb.php/410-2f3e0fc3


Calender+
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Infomation

おけぴ

おけぴ携帯劇場MAP

観劇総合ポータルサイト・カンフェティ

こりっち

演劇ライフ

e+

チケットぴあ

ローチケ

彩の国シェイクスピアシリーズblog

PARCO劇場blog

Sept blog

イーオシバイドットコム

Theatrix!

e+エンタメブログランキング

自転車キンクリーツカンパニー

ナイロン100℃


Blog Parts


E-mail form

Name:
Mail:
Title:
Comment:


Link Spetial Thanks
フルーツメール

b-cures.

Simple Life

空色地図 -sorairo no chizu-

今日もわんパグ


RSS Feed