FC2ブログ

Ball Clock BK

Category

Comment

Trackback

Profile

ぴら

Author:ぴら

辛口多し。。。ごめんね。。

pyramid8390


QR Code
QRコード

Visitor

§ ロマンス 2回目 
[20070930]
ロマンス

ロマンスオフィシャルサイト

思うに・・・
一回目の観劇は普通の公演で言えば初日の出来だったのではなかろうか。。。

こまつ座から次回公演案内のeメールが届いたんですが。
ロマンス公演に関しての記述もあった。
その一節を引用させてもらうと…

『作者が最終場を脱稿したのが8月1日の夕方でした。そして翌々日の3日に
 初日を開けるというのはもう、素晴らしい俳優陣と、優れたスタッフだからこそ
 出来た神業です。』

普通ならほぼ一ヶ月の稽古期間があるはず。
役者やスタッフの具体的な心情など知る由もないけれど
場面毎に稽古していくというのはいつものことだろうけど
最後のシーンがわからないままの稽古ってどうなんだろう。。

初日までの2日間でそりゃ何度か通してやったろうけど。。
通しの回数としてはいつもと変わらないかもしれないけど。。

とにかく今日観た「ロマンス」は
今月初めに観た「ロマンス」とはまったく違ってた。
チェーホフ賛歌が薄れて
チェーホフが愛したヴォードヴィル賛歌になっていた。。気がする。。


 
ただね…やっぱり最初の構想からの大幅な変更は
やっぱり不自然なゆがみを生んだよねぇ。。。

44歳で早逝したチェーホフを
井上芳雄くん→生瀬勝久さん→段田安則さん→木場勝己さんの
リレーで演じるのはどうしても違和感がある。。。

そう言いつつもこの一ヶ月でこの作品は確実に進化を遂げ
上質のヴォードヴィル的芝居になったと思う。。

中でも芳雄くんの進化は喜ばしい。
彼の弱点は低い声が出ないことなんだけど
スタニフラフスキーだっけ?二幕の老け役。
落ち着いた台詞回しにして
気取った勘違いオッサン風に変えてきた。
一ヶ月前は少年チェーホフ以外は全部同じだったのにねぇ。。
あとはやっぱ低い声が出せるようにしないと。。
ヴォルフはいいとしても、
来年の「ルドルフ」は低いの出せないとキツイぜよ。。
歌のことじゃなくてね。。声のトーンね。。

他の5人は前からほぼ出来上がってたんで
アンサンブルがより良くなったっつうことかいな~

それと。。
この舞台、生瀬さんが一番オトコマエに見えたんですけど。。。
そう見えた自分が不思議でしょうがないんですけど。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2007-09-30(Sun) 00:31 | 観劇 | ストレートプレイ | CM(0) | TB(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://cool8390.blog82.fc2.com/tb.php/266-9c50e873


≪ ギリシャ劇だらけ | HOME | § ドラクル GOD FEARING DRACUL ≫

copyright © 2005 THEATER BOX all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Calender+
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Infomation

おけぴ

おけぴ携帯劇場MAP

観劇総合ポータルサイト・カンフェティ

こりっち

演劇ライフ

e+

チケットぴあ

ローチケ

彩の国シェイクスピアシリーズblog

PARCO劇場blog

Sept blog

イーオシバイドットコム

Theatrix!

e+エンタメブログランキング

自転車キンクリーツカンパニー

ナイロン100℃


Blog Parts


E-mail form

Name:
Mail:
Title:
Comment:


Link Spetial Thanks
フルーツメール

b-cures.

Simple Life

空色地図 -sorairo no chizu-

今日もわんパグ


RSS Feed